格安SIM かけ放題 比較

格安SIMの800円以内の5分間かけ放題サービス

このライトプランに相当するのが格安SIMの5分間かけ放題サービスですが、1700円が850円に縮まるだけでも相当な料金の節約になると思います。

 

格安SIMの800円以内の5分間かけ放題サービス

 

新しい携帯電話の大手キャリアの通話品質は高く格安SIMの通話品質は劣ります。

 

その点は承知しておかなければなりません。

 

3分間かけ放題

格安SIMでは5分以内のかけ放題があるということを紹介してきましたが、3分以内
1分以内のかけ放題サービスを提供しているところもあります。

 

例えばFreetelやIIJmioなどがそれにあたります。

 

FreetelやIIJmioでは1分間のかけ放題が400円で使えたり3分間のかけ放題が600円で使えるなど5分より短い人でもお得に使えるようになっています。

 

ですので、5分以内の通話3分以内の通話が多い方はこちらのサービスを検討しても良いでしょう。

 

UQモバイルにはおしゃべりプランというコースがあります。

 

UQモバイル5分間かけ放題がついているおしゃべりプランというのは5分間のかけ放題が終わった後が30秒20円かかってしまうので少し高いです。

 

それ以外にも楽天モバイルでは月額850円で5分間のかけ放題ができます。

 

IIJmioのかけ放題

IIJmioでは月額600円で3分以内のかけ放題ができます。

 

830払うことで5分以内のかけ放題が無料になります。

 

BIGLOBEでは通話パック催しています。

 

4半額アプリも用意されています。

 

月額650円で3分間の通話料が無料になります。

 

5分間のかけ放題は用意されていません。

 

DTISIMでは月額780円で5分間かけ放題が無料になります。

 

5分間のかけ放題を過ぎると普通並みの電話代がかかりますので、注意が必要です。

 

dtiは通話品質が落ちておらず良好な音質で通話できることからビジネスなどに使いたい方はDTISIMがいいと思います。

 

OCNモバイルも5分間かけ放題を用意しています。

 

こちらは850円で5分間を超えた場合は半額の電話代で電話かけることもできます。

 

本質は比較的多いというのが噂で固定電話への電話番号通知も行っており非通知になることがありません。

 

840円のかけ放題サービス

Freetelでは840円で5分間かけ放題が出来るサービスと1分間のかけ放題が出来る400円のサービスがあります。

 

Freetelは音質が悪いというのは噂であまり使う人がいなかったのですが、2016年の7月に改善が行われ固定電話に電話の通知サービスができるようになった方が音質が向上しましたyモバイルのかけ放題ワイモバイルはちょっと特殊な料金体系を持っているかけ放題です。

 

ワイモバイルは10分以内の通話が月間300回までなら無料になるというサービスです。

 

10分以内の通話が無料になるというサービスはワイモバイルだけが行っています。

 

10分を超えた場合は30秒あたり10円の電話料金が課金されます。

 

ワイモバイルは5分以上の電話が多い方に安くなると考えられますが、しかし基本料金が少し高めに設定されていて電話代で元を取ろうと思う人は慎重に計算しておく必要があります。

 

また格安SIM会社ではなくワイモバイルというのは回線を持っている会社ですので、キャリアと似たものです。

 

ですので縛りがありますので、その点にも注意しないといけないです。

 

ししかし電話長くを行う人ではやはり5分間かけ放題よりも10分間かけ放題の方がいいですので、その方は検討してみる価値があると思います。

 

格安SIMの800円以内の5分間かけ放題サービス

 

050のIP電話使った電話料金の節約方法IP電話を使って電話代を節約する方法もあります。

 

IP電話というのは格安SIMでも使える問題は050plusという方法やスマートトークやララコールなどがあります。

 

050の電話番号の特徴は電話機だけに限らないことパソコンやそれ以外の機器でも電話番号を割り当ててもらうことができるところです。

 

電話番号割り当ててもらうということは普通の携帯電話以外の電話からもかけることができるということ意味していてこれが無料で申し込めるとなるとすごいことです。

 

格安SIMのかけ放題サービス


ホーム RSS購読 サイトマップ