格安スマホ 電池 長持ちさせるコツ

格安スマホの電池が持たない!電池を長持ちさせるコツ

電池を長持ちさせるコツスマホの電池はいつか消耗するものですが、なるべく長くしたいものです。

 

そこでここではスマホの電池を長持ちさせる方法を紹介したいと思います。

 

格安スマホの電池が持たない!電池を長持ちさせるコツ

 

パズ格安スマホの場合はキャリアのスマホを使っている時に比べて電池をたくさんくりまわす設定したいでは電池がすぐなくなることもありますし、再起動などをすると電池があまりなくならなくなることもあります。

 

格安もはや白ロムの場合は設定もとても重要です。

 

そこで設定以外にも電池の減りが少なくなるための方法について解説していきたいと思います。

 

暑いところに放置しない電池は暑いところに放置されると駄目になってしまい、ます。

 

例えば車の中におきっぱなしにしたり暑いところにスマホをきっぱなしにしていると非常に電池の持ちが悪くなります。

 

そしてゲームをしながら充電をしないということも必要になります。

 

使いながら充電しない

ゲームをするとスマホが暖かくなります。

 

さらにその上に充電をするともっと熱くなってしまい、電池が劣化してしまいますですので、充電をする時はバッテリーを使っていない時にしたほうがいいでしょう。

 

充電中はスマホを使わない充電しているとスマホがあったまってくるのを感じる方が多いと思います。

 

スマホを充電するときは本体が暖かくなりますので、できれば夜寝ている間喉スマホ全く入らない時に充電した方が良いです。

 

しかし充電が終わったらなるべく早くコンセントから抜いた方がいいのでできれば昼間にコンセントを抜けるように見ている時に充電するのがいいですね。

 

gps機能をオフにする

gps機能をオンにしていると電池が割と早くなくなります。

 

gps機能はとても便利な機能ですが、なるべくオフにしたほうがいいと思います。

 

オフにするだけで10%程度は電池の持ちが長くなると思います。

 

画面の明るさを暗くする

格安スマホの電池が持たない!電池を長持ちさせるコツ

 

画面の明るさを暗くするのはとても大切です。

 

目がチカチカしないということもありますし、電池の持ちが3割から8割少なくなってきます。

 

画面を明るくしておくと目がチカチカしたり電池の消耗も早くなりますので、なるべく輝度を下げた方が良いのです。

 

使っていないアプリを終了しておくバックグラウンドという状態でアプリが起動している場合がありますが、この場合でも電池を食う場合がありますですので、アプリをすべて終了して使わないものは消去します。

 

あまりアプリを閉じても電池の消耗が変わらない場合は西起動することでアプリを完全に終了させてしまう方が良いと思います。

 

先ほどと同じことですが、本体を西起動することで充電が長くなることがあります。

 

なかなか設定やアプリの終了だけではプロセスが終了せず残ってしまい、それが充電に悪影響を及ぼすことがあります。

 

ですのでどうしてもいつもより電源が落ちるの早いと思ったら再起動した方がいいでしょう。

 

自動同期をオフにする自動同期というのはアンドロイドのスマホに存在するものですが、これは電池をそこそこ空のであまりしない方がいいです。

 

自動更新をオフにする

自動更新をしていると電池を使うことがあります。

 

ですのでなるべく自動更新をオフにして自分で更新をするようにしましょう。

 

充電のしっぱなしを良くないスマホを充電しっぱなしにすると電池に悪影響を及ぼします。

 

鈴時間間違ってつけてしまう分離は問題ありませんが、何週間を繋ぎぱなしにしていると電池が目に見えてへたってきます。

 

画面消灯を1分にするスリープを早くするというのも良い方法です。

 

画面はスマートフォンの電池の消費量の3割程度を占めるものですので、1分程度でスリープするようにしておけばかなり電池が持ちます。

 

完全に充電池がなくならないまでに充電する充電池が0%になってから合わせて充電すると電池に良くありません。

 

そのためには電池が3%程度になってそこから充電するようにしましょう。

 

50%制度から充電すると電池が逆に使われなくて寿命が短くなることがありますので、3%から5%程度に落ちたところですぐに充電するようにしましょう。

 

スリープ時の電源消費量注意

ヘビーユーザーの場合はスマホを使うときの消費電力の方が大きいので
スリープ時の電池消費はほとんどインする必要がありませんが、
1日1時間しかスマホを使わないようなライトユーザーであればスリープ時に
どのくらい電気を使うかというのは問題になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ