格安スマホを選ぶときのポイント−充電池の容量

格安スマホを選ぶときのポイント−充電池の容量

 

格安スマホ選ぶ時のポイント格安スマホを選ぶ時のポイントとしては電池の持ち具合があります。

 

ライトユーザー向けの安いスマートフォンは電池の容量が少なくてすぐに充電しないといけなくなります。

 

あんまり使わなければ1日1回でもいいかもしれませんが、ちょこちょこ使うという方は1万円程度のライトユーザー用の格安スマホでは足りないかもしれません。

 

普通使いの場合の充電池

格安スマホを選ぶときのポイント−充電池の容量

 

一般的なユーザーのためのに3万円のスマホではあれば2日程度はもつと思います。

 

これも使う量によるのですが、全く使わない場合は1週間持つこともあります。

 

電池がすぐなくなるのが面倒で充電が嫌だという方はあまり使わないかとでも一般的なスマートフォン購入しておくと電池の容量が多いので長く持ちます。

 

ゲームをたくさんする形では電池の消費量が多く1日に一回では足りなくて2回も三回も充電しないといけない人もいるかもしれません。

 

そうすると電池がどんどんなくなって充電回数も増えますからモバイルバッテリーなどを使って外出先なので電池がなくならないにする必要があります。

 

特にライトユーザー向けの格安スマホで重めのゲームをすると数時間でなくなってしまうことも少なくありません。

 

facebookやtwitterlineなどのアプリを使っている以上ではそれほど電池は消費しません。


ホーム RSS購読 サイトマップ